光免疫療法への応用|光免疫療法や自走式カプセル内視鏡等の医療分野へワイヤレス給電を応用するなら株式会社セイバー

株式会社セイバー

光免疫療法への応用



ユーチューブでご覧いただく際はこちら


ユーチューブでご覧いただく際はこちら

光免疫療法とは


抗体(分子標的薬)にIR700(色素)を結合させた薬剤を人体に投与し、ガン細胞周辺に集まった抗体+IR700に近赤外光を照射するとガン細胞のみを破壊でき、副作用も殆ど無い革新的なガン治療法です。
我々は、人体内の深層部のガン細胞に近赤外光を照射するため微小LEDカプセル(下図C)を体内に埋め込みワイヤレス給電で近赤外光をガン細胞に照射する方法を開発しました。
現在、ヌードマウスを使った動物実験を米国衛生研究所の小林先生や北海道大学の小川先生と進めています。左上の動画は、ヌードマウスのガン細胞近傍にLEDカプセルを埋め込んで治療を行っている様子です。

回路図

Capacitor and inverter

LEDカプセル

ライト ON OFF

PageTop